バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵な バリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫ バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア   最後は、優雅に空港ラウンジでシャワー&飲食&ネット三昧!

以前弊社で国際線出発ロビー内にある空港ラウンジ(プラダラウンジ)のご利用を取り扱っていたのですが、新空港になってからラウンジがなかなかオープンせずで、やっと、お待たせいたしました!! 空港ラウンジの取り扱い再開します!
今回取り扱うことにしましたのは、
「TGラウンジ」!
TGラウンジの会社は、1989年から空港ラウンジビジネスを開始、インドネシアで11つのエグゼクティブラウンジを運営していて、しかもデンパサールの空港内外にあるカフェの殆どが店名違うけど実は同じオーナー!という、怖いくらいにかなりの権力者ですかね?
で、先日空港内のラウンジに視察に行ってきました。 一言、良かったですよ〜。順番にファシリティをご紹介いたします!

出国審査を通過して免税店フロアを歩いていくと、広い空間の所に出ます。上を見上げて、傍にある階段、エレベーターで2階へ移動ください。
ラウンジ入口のカウンターで、事前に弊社がお渡しするバウチャーをご提示頂きます。
(バウチャーを持ってないと適用できません。最終日までに弊社にお申し出ください!)

TGラウンジは、各エアラインのビジネスクラスラウンジとは混合していなく、エコノミークラス利用で優雅にラウンジで過ごそうってゲストだけが利用しています。なので、
ビジネスクラスラウンジのように人がいっぱいではない!
私が訪れた時間帯が、あまり利用者が少ない朝10時頃。こんな時間のフライトでラウンジ利用しようって人もあまりいないと思うんで、見学中見かけたゲストは1-2人。貸切状態でさみしいくらい。まだまだ取り扱っている旅行会社も少ないので、多い時でも一時20人もいないそう。めちゃくちゃ穴場です。


→ ラウンジに入ってすぐ左のエリアは、静かに過ごしたい人向けエリアな感じ。(人があまり通らない) 

 

バーカウンターではコーヒーやアルコールなど。
★グラスワインかビール1杯目は無料(以降有料)
前に
ビリヤード台もあったり。ビリヤードも自由に使ってOK!


★インターナショナルフード無料
この時間帯は、朝食メニューで、ライブクック(目の前で調理してもらう)はお好みの具を入れてもらうオムレツ。
午後から夜にかけては、パスタ(カルボナーラ/ボロネーゼ)かミーゴレン。調理したてのものがいただけますよ!
いくつか食べてみましたが、ビーフシチューめちゃうま、パンも温かく保温してあって美味しかった。全種類食べたいくらい(笑)
常時品目は変わるそうですが、お食事も期待していて下さい!
★ソフトドリンクも飲み放題
冷蔵庫にある炭酸ドリンク、ジューサーにはオレンジとマンゴジュースがありました。





★たっぷりシートは90席!wifi無料!
横になれるようなロングソファ、すっぽり埋もれるソファ、PC作業やお食事カフェテーブルなどなど、チェアのパターンも充実!
外のロビーで待ってると、スマホをいじると思うんですが、すぐ充電なくなりませんか?充電したくてもコンセント場所がなかなかないんです。見つけても誰かがずっと使ってたり。ここなら、
椅子ごとにコンセントがあるんで、快適wifiタイムがおくれますよ!もちろんwifi無料!日本に着いてバッテリーのないスマホも辛い。。ラウンジ中に充電しておけるのも便利です!


PCも3台置いてあります。自由に使ってよし!画面も人に見えない向きでプライバシーも守られてます。(ただし日本語入力不可だった)

写真左は、キッズコーナーで特別スペースという感じでもないが、子供向けに絵本、紙と色鉛筆があった程度。

テレビ画面を真正面にシアタータイムも万全。(強いてNHKがなかったが、日本の映画、ドラマが見れるthrill、KIX アニプラスはあった)


★トイレ&シャワーのご利用無料
男女別々に分かれ、トイレ3室にシャワー1個室。
もちろんタオル、シャンプー、石鹸はスタッフに言って貸出無料です。シンクも二つ。(ドライヤーはなし)
帰国前にさっぱりシャワーが浴びれます!シャワースペースは広め。
夜のフライト、シャワーを浴びてから搭乗したいって方も多いので、これで解決♪


★フットリフレクソロジーコーナー
こちらは有料。メニューはフットリフレのみ。30分30万ルピアだそう。ちょっと高め?空港料金だからこんなもん?
ラウンジから別部屋になっていて、フットチェアーは4台。4人同時も可能だそう。前にテレビもある。


★フライト情報画面も何箇所かあります。
担当スタッフが、ゲストのフライトを把握して、搭乗開始時間になったらお知らせしてくれるので、ネット、映画鑑賞にのめりこんでしまっても、いちいちフロアのフライト情報画面を見に行かなくっても、乗り過ごすということもなくって安心です。

また、ラウンジ利用は、搭乗手続き後のまさかのフライト遅延の時にも威力を発揮しますよ〜。以前噴煙で空港閉鎖って時に、空港内でフライト待機難民がロビーにあふれた時を思うと、ラウンジでソファに座って飲食しながらネットをしたりして、優雅に過ごしていられるのは絶対いい!

料金は、お一人様30万ルピア。(5歳未満無料)
いかがでしょうか。空港内で飲食したら結構高くつくんで、この料金なら高くはないですよね。
安すぎると価値が下がるし、高くても誰も利用しないので、絶妙な料金設定と思います。

ちなみにドメスティックデパーチャーにも「TGラウンジ」がございまして、こちらのご利用も可能です。
同料金。国内線の方が実は利用客が多いらしく、100席ほどさらに広く、料理はローカル(ハラルだったり、インドネシアのお菓子だだったり)になるそうです。
※国際線は90席、料理はインターナショナル

是非ご予約お待ちしております!

第100話 2015/9/12

 


バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ