バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵な バリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫ バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア   バリサファリパークでファンゾーンも楽しもう!

2007年にオープンした、バリサファリパークに1度は行きましたでしょうか。
未だ、マリンパークの方は工事中ですが、(ファンゾーンの隣で土台作りの工事してましたが。いつ完成するんだろう。。)
バリサファリでは動物を見て終わり、アグンショーを見て帰る、といったパターンになってないでしょうか。 朝から訪れると14時、15時に疲れて帰ろうかってなったりするんですが、 それはもったいない、さらに奥のプールや遊園地ゾーンも是非楽しんでほしいと思います。 しかもここは動物メインのパークだけに、こっちのエリア結構空いてますよ!
今回、 ファンゾーンにスポットを当ててご紹介したいと思います。

オープン当初と若干アトラクションが変わってまして、写真下のボンパーカー、ボンパーボートは現在はないです。
ボンパーボートの場所がハイドロリフトになってます。
バリサファリ&マリンパークのファンゾーン(ボンパーカー) バリサファリ&マリンパークのファンゾーン(ボンパーボート)

ファンゾーンマップ
ウマレストランの奥がファンゾーンになります。
又は、バロンロビーから隣のウォーターアクアリウムを通りぬけてファンゾーンへショートカットもできます。
Waterpark&Watermania
プールはちぴっ子も楽しめるプチスライダーなどあって完全キッズ向けプール。
動物を見た後のクールダウンに立ち寄ってみては。
プールの隣にあるウォーターマニアは水着のまま楽しめるアトラクション。
コーヒーカップのような動きのする樽に乗って、水鉄砲を掛けあいます。当然濡れるので水着ですね。

Climing Car
小さなお子様はこういうの大好きですよね。ただ座ってるだけなんですが、好きな車に乗って上り下りロードをゆっくり回ります。


Gogo Bouncer
日本の遊園地によく見かける、 たこみたいな形の足が上下に動き回転するやつ。結構高速回転で遠心力がかって楽しめます。小さい子供の身長制限あり


Jungle Cruise
(バリサファリ公式イメージ写真を引用)この日は定期メンテナンスで利用できず。以前乗って、今回 わが子が一番楽しみにしていた乗りものだっただけに残念!岩場の間や洞窟など、レーンに沿って船が進みます。記念写真販売あり。


Merry Go Round
遊園地と言えばメリーゴーランド♪1回乗ったら、もういいって位に長く乗せてくれます(笑)


Spinning Couster
敷地いっぱいにぐねぐね移動するコースター。カーブが多く、ちゃんと曲がりきれるかとスリリングが味わえます!身長制限あり


Flume Ride
オーソドックスなスプラッシュコースター。最後は高いところから池へ向かってスライド。水しぶきがかかって濡れます!(乗船時点で座るところも濡れている。)記念写真販売あり。スライダーを急降下しているところを撮られて、息子がひきつった顔で写ってて笑った!記念に10万ルピアで購入。高いけど、将来ずっと値段以上にこれ見て笑えるのでOK。記念にいいですよ!


Hydrolift
樽みたいな乗物に向かい合って座り、リフトで上がって、そこからスライダーのカーブにぶつかり回転しながら下ります。最後洞窟みたいなところを通過する際、シャワーカーテンをくぐるので濡れます(このポイント不要だわ!)

他にも、フルームライドのそばに
Trampoline、 Bungee Tranpoline
があるらしいですが、今回訪れた時はなかったなあ。
屋外でトランポリン、気持ちよさそうですね。

バリサファリ&マリンパークのパッケージ内容&アルナブアナ割引料金はこちら
レオパードパッケージ、リノパッケージなら、ファンゾーンの乗り物が好きなだけ、何でも乗り放題ですよ!

バリ島にはいわゆる遊園地がないので、遊園地といえるものはここにしかないんです。
ローカル向けにファンゾーンだけのチケット販売してほしいなあと思います。

以上、バリサファリパークに行ったら、ファンゾーンにも時間を作ってみようと思っていただけましたでしょうか。

第102話 2016/10/30

 


バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ