バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア  ボウンティのディナークルーズ 体験レポ!

今回何社かあるディナークルーズで、一番集客しているというボウンティのディナークルーズに潜入してまいりました。
ボウンティの船は他社に比べ一番新しく、プロモーションもかねて料金を抑えているとか。
ホテルからの往復送迎、ディナー、景色を堪能、ショータイム鑑賞を楽しんだとして、おひとり様 ¥3500-(弊社販売価格)と手頃です。
デイクルーズもこの船で催行されていますが、昼間は大体多いときで200-250人程が参加、ディナークルーズでも100人以上が参加するということで、どこから人が集まってくるのか驚きです。
周りを見渡してみると、ヨーロピアン層は、プライベート感を好むので大勢参加型のクルーズにはあまり見かけません、ボウンティの場合もほとんど見かけませんでした。やはり、台湾、韓国からの観光客が多かったです。台湾客はバスを乗りつけてグループ参加のようです。※余談ですが、よく日本人は、他台湾、韓国客と一緒になるのを嫌うといいますが、皆さんいかがでしょうか。

ボウンティのディナークルーズ
確かに、船の外観は鮮やかな黄色い船で、周りの船に比べて見た目にも一番綺麗でかっこよかったです。

■ディナークルーズ スケジュール
17:30 乗船
18:00 出発 ビュッフェディナー開始
18:20 トラディショナルバリニーズダンス
18:30 ライブミュージック 約20分間
18:50 ベリーダンス(アラビアンダンス)
19:00 ライブビュミュージック 約20分間
19:20 オープニングショー/モダンダンス/コメディナンバー/モダンダンス/コメディナンバー/イントロデユースエンターテイメントチーム
20:00 クルーショー
20:10 ディスコタイム
20:30 到着

ボウンティのディナークルーズ ボウンティのディナークルーズ

時間も近づき船に乗り込みます。この日も120人程の参加者がいました。
船の入り口で、バリ民族衣装を着た女性と記念写真をして通過します。
(この時、プロのカメラマンが取った写真もクルーズ終了後、販売されます。)

乗り込んですぐ、ウエルカムドリンク&カナッペを頂きます。

ボウンティのディナークルーズ ボウンティのサンセットクルーズ ボウンティのディナークルーズ ボウンティのサンセットクルーズ
出発まで自由に船の中を散策します。3階建てで、上階では、バンドの生演奏がお出迎え。
さて船が出発して、暫くベノアハーバーを眺めているとサンセットタイムです。サンセット時間はあっという間に過ぎていき、周りが暗くなります。ロマンティックに浸るもよし、ですが、みんなすぐにビュッフェのある屋内へと移動していきます。

室内は、冷房ががんがんに効いていて気持ちよく、外へ出るのを怠けてしまうくらいです。
座席は内側、窓側とあり、テーブルの上に名前がありますので、場所が既に確保されています。
窓側は、外の景色(ライトがぽつりと見える程度ですが)、内側はショータイムのより近い場所となります。

ディナークルーズのビュッフェ ディナークルーズのディナー ディナークルーズ
ビュッフェについて、パスタなどは補充されていましたが、手のかかるお魚の煮込んだものとかは、無くなり次第終わりですので、
ビュッフェは早めに並んだ方がよいでしょう。みんな一斉に並ぶので、長蛇の列になってしまいます。
サラダ、パスタ、鶏肉、豚肉の煮込み、サテなど色々あります。キムチもありました。種類は多いほうだと思います。味は全体的にまあまあで、個人的にミートソースパスタが美味しかったです。
飲み物は、水、オレンジジュース、ビールと飲み放題です。どんどんウェイターに注文しましょう。
食後にフルーツと、スポンジケーキもありますがコーヒーがあればもっといいのにと思います。

程よく食事が進んだところで、ショータイムが始まります。
ここでは、ひとつのショーではなく、ライブミュージック、バリダンス、ライブミュージック、ベリーダンス、モダンダンス、コミックショーを組み入れ、飽きない内容となっています。
この日は台湾客が多かったのか、ライブミュージックで女性ボーカルが中国語の歌を披露して、一緒にお客様と合唱する場面もありました。少しついていけなかったので、こういう時は、日本人客がもっと参加していたらいいのにと思いました。

ディナーショー ディナークルーズ ディナーショー ディナークルーズショー ディナークルーズ
同じ女性達が衣装を着替え、色々なダンスを披露してくれてます。ステージが狭いので、迫力が出せないのでしょうか。ダンスは上手ですが、一通り何でも踊れるよといった感じで、正直本格的ではありませんでした。(笑)
コメディショーは、男性キャラが面白く笑えました。

とはいえ、2時間半のディナークルーズはあっという間に過ぎていきます。
船酔いも心配しましたが、さすが大型船、全然揺れませんでしたので大丈夫です。
日本人客のディナークルーズ参加はまだまだ少ないですので、もっと日本人が多ければ、楽しめるのではと思います。アジア系観光客だけだとなんとなく物足りないですね。バリ人、欧米人と違ってフレンドリーじゃないからでしょうか。
でも、せっかくのディナークルーズ、ディスコタイムなどは楽しだもん勝ちだと思います。
カップルよりも友達同士大勢で参加するのがよいでしょう。
また、今回ずっとショータイムを鑑賞していましたが、もちろん屋外へでて、外の生演奏をききながらロマンティックに海と明かりを眺めすごすのも素敵です。

また、ボウンティのディナークルーズでは、毎週水曜日は「カリブ海賊パーティー」、毎週土曜日は「ハワイアンパーティー」と
毎週水曜日、土曜日は内容を変え、カリビアンビュッフェ、ブラジルダンス、ビール飲みコンテストやハワイアンビュッフェ、ハワイアンエンターテイメントがあり面白そうです。それぞれ、黒と赤の(海賊模様の)服装、白又は花柄の服装とドレスコードがあります。

第29話 2006/4/11

 

バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ