バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア  超高級コーヒー・コピルワ(Kopi Luwak)が飲める「コピバリハウス」

コピルワ(Kopi Luwak)という超高級コーヒー豆をごをご存知でしょうか。
コピルワは、インドネシアの
バリ島・スマトラ島・スラウェシ島でしか生産していない、世界的にも大変貴重なコーヒー豆の種類で香りと味が独特のものといわれています。

このコピルワがなぜ貴重か:
コピルワは、昔から島の人々に「ルワッ」と呼ばれるインドネシアに生息するジャコウネコ科動物(日本だとハクビシンと同類だそう)だけが、実の熟したおいしい豆を探し出すことができ、 ルワが一度コーヒー豆を食べ、それをウンコとして排泄した豆をコーヒー豆として利用します。生産者はこの野生のジャコウネコの足跡を追ってウンコを見つけるという原始的なやり方なため、ごく少量の豆だけ収穫でき、
年間たったの200-300kg程しか生産できないそうです。
ということで、現地の人たちですら、なかなか購入できないほど
マニアの間では高値に売買されているのが現状です。

ルワッ
「ルワッ」

流れとして:
ルワがコーヒー豆の実を食べる→豆の実の外皮を消化し、胃の酵素の働きで豆のたんぱく質を分解(ここが味のポイント)→硬い実の部分は消化せず排泄→ルワの糞から豆を取り分ける→丁寧にミディアムローストに焙煎→ コピルワ完成
(ルワの体内を通過した豆ということになります)
これが独特の香りと味になるそう。

で、そんなプレミアムなコーヒーが、蝶のマークで有名なサヌールの「 コピバリハウス」で飲めるんです。さすが、バリ島を代表するコーヒーの老舗!豆を仕入れてバリ島内の工房で精製しているそうです。
1ポット(8g)20万ルピア。(1ポットはエスプレッソだと2杯いけるので1杯10万ルピア(約1000円)のコーヒーです。
バリ島内でコーヒーを飲むと、コピバリ(ローカルコーヒー)で5000-15000ルピア(50円〜150円)程なので、かなり高価な飲み物ですね。桁が違います。とはいえ、コピバリハウスでも一日10ポットほどはオーダーがあるそうですよ。

実際私もコピバリハウスのコピルワを試飲してみました。
まずはブラック、次に砂糖を入れて、さらにミルクを加えてと、じっくり味わってみましたが、
「世界一貴重な&高価なコーヒー」=「世界一美味しいコーヒー」なのかは、コーヒーの繊細な違いがわからない私には??でした。。もちろん美味しかったですが。(苦味や酸味がなくて、濃厚な甘みと芳醇な香りが味わえるといわれているようです。)美味しいコーヒーというよりも”珍しいコーヒーを飲んだ”と捉えたほうがよいかと思います。

 
店内で飲むと写真のようなコーヒーメーカーポットで丁寧に作ってくれます。

 
お土産向けコピルワ豆50g、
店内にはバリコーヒーを始めいろんな種類のコーヒーも販売

日本では、きっとお目にかかれないであろうコピルワ。
コーヒーマニアの方は一度チョバ(試して)してみてはいかがでしょうか。
(コーヒーの)違いのわかる人にお土産もいいですね。
お土産用にも木箱に入った、コーヒー豆の文鎮?つきのセット50gもあるようです。 こちらは150ドルだそうで、ちょっと購入にはためらいがありますかね。。
貴重なコーヒー、コピバリハウスにもストックが沢山あるわけではないので、行く前は一度電話確認してから行くのがベストです。

お店で飲むもよし、お土産に購入するもよし、
予約は一度アルナブアナまでお問い合わせいただいても結構です。

英語のページですが、
コピルワについてのWIKIも参考になります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Kopi_Luwak  

第52話 2008/12/3

 


バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ