バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア  ドリームランド・ウルワトゥの穴場ビーチ

私はバリに住んでいるのに、海はたまに眺めるだけで十分。海に入るのは嫌いです。(あまり泳げない)
サーファーの人からしたら、「こんなにいい波があるのに!」ともったいない話なのでしょうか。
が、たまには友達とビーチでのんびりしに行くこともあります。
今回は、ウブド派の私がお勧めするお気に入りビーチをご紹介しましょう。

レギャン、ヌサドゥアエリア等のビーチに面したホテルに滞在しているなら、ホテル前のプライベートビーチでのんびりできますが、滞在していない場合、どこへ行くか。物売りの多いビーチは問題外として、ちゃんとあるのです。あまり人に知られていない素敵なビーチが!
ジンバランからウルワツにかけてのビーチには、美しい海岸がたくさんあり、その中のひとつ
「ドリームランド」
ドリームランドと聞くと、遊園地を想像してしまうのだが、ドリームランドというビーチ。
サーフィンのメッカであるエリアだけあって、砂浜から波を眺めるだけでも楽しめるビーチです。

ドリームランドビーチ
駐車場から見下ろすとこんな感じ。

ドリームランドビーチ

ビーチにつくと、自然と海の家のスタッフが空いているパラソルとサンデッキを案内してくれます。
パラソル&サンデッキは、一日2万ルピア。
軽食、飲み物のオーダーも聞いてきますので、動かず、サンデッキでのんびり過ごせます。海の家のトイレで、シャワー&着替えをします。もちろんホットシャワーはありません。こういった観光地化されていないローカルなところが、まだまだ隠れビーチでありつづけられるのです。

場所は JL.Uluwatuをウルワトゥ寺院に向かう道中、GWKをも超え進んでいくと右側にゲートのある脇道が見えます。ここを進んでいくのですが、ゲートのある地点では、ビーチはまだまだはるか遠くに見えます。ゲートでビーチに行く旨を言い、通してもらいます。ちなみにゲートでは、入場料のような感じで、一人Rp5000徴収されます。バリ人と一緒に行くと払わなくても通過できたりするのですが。
アスファルトで舗装され、中央帯には椰子の木が植えられた整備された道が続き「ドリームランド♪♪」とわくわくしてきますが、舗装道路が終わると、次には荒れたでこぼこ道が続きます。道中放し飼いの牛もいたりしますが、あまりのでこぼこに、サファリ気分を味わってしまいます。
それを乗り切り、ビーチまで近づくと入り口に看板があるのですぐわかるかと思います。が、この入り口もまだ車の到着地に過ぎない、高台にあるのです。
ここからは、石階段を歩いて断崖を降りていきます。すこし急なので気をつけて。

ドリームランドビーチ

ビーチには日本人はほとんどいません。また、サーファー専用ビーチという感じでもなく、欧米人がサンデッキでのんびりしている姿を多く見かけます。ついここがバリであることを忘れてしまう光景です。欧米人女性が、トップレスになって日焼けを楽しんでいる人もいるくらいリラックスできるビーチ。もちろんしつこい物売りもいません。ナンパもありません?食事をしていると、「少し頂戴!」といわんばかりのワンコ(犬)が尻尾を振ってよってきますが。

ドリームランドビーチのサンセットドリームランドビーチのサンセット
沈みゆく太陽を眺められるのも西部エリア海岸ならでは。

ウブド滞在の方!ウブドもいいですが、日帰りビーチもたまにはいいものですよ!
バリはビーチリゾートだったなあ、と思い直してしまうことでしょう。
ちなみに、ドリームランドは、スハルト元大統領のファミリーが「第二のヌサドゥアを」と建設するはずだった施設で、結局実現できず、その廃墟の奥に位置するビーチが現在、ドリームランドと呼ばれるようです。
サーファーの隠れビーチを、サーファーでもない私が紹介してしまうと、きっとサーファーの人達からクレームがきそうだがお許しを。

第6話 2004/7/31

 



バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ