バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵な バリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫ バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア   サヌールのキッズプレイカフェ「ピーカーブー」

サヌールに「ピーカーブー」という、キッズプレイカフェが2012年1月にオープンしたので行ってきました。
最近こういったローカルミドルクラス層を狙った、子供の遊技場が増えてきた気がします。クタやスミニャックにもできていたかな。

日本だとすぐ近所にブランコや滑り台、砂場のある小さな公園があるけれど(確か何区画ごとに1公園作らないといけないんですよね)、バリにはそういう遊戯のある公園がないのが難点。地元の人達は広場で涼んだり、大型スーパーにある遊戯施設で遊んでいます。かくいう私もティアラデワタ、ラーマヤナ、ロビンソンの遊戯施設で子供を遊ばせたりします。週末だともうちびっ子で熱気いっぱい。私も子供の頃イズミヤ(旧名が年代を感じる?)の遊戯施設で、コインを入れて動物や乗り物が動くやつでよく遊んだなあ(懐し)いつの時代も子供が喜ぶのは同じでしょうか。。

話は戻って、ピーカーブーの場所はサヌールのパイパス沿いのマクドナルドの交差点とケンタッキー&ダンキンドーナツの交差点の間にあります。表から大きな遊戯が見えるのでわかりやすい。
対象年齢は0-8歳。料金は子供85000ルピア、1子供につき1大人無料。
きっちり決まってなさそうだけど、一応3時間だそうです。(動き回るので2時間で結構体力消耗。。)
施設内ではソックス着用必須ですので持参しましょう。忘れた人には1万ルピアでソックス販売しています。
3時間遊んで85000ルピアって、ローカルランチ二人分ほど?やっぱり少しするので、ローカルミドルクラス、在住外国人ファミリー向けかな、欧米人の子供ばっかりでした。歩けないお子様だとこの値段は高いけれど、3歳児以上なら結構遊べる範囲も広がりまあまあの料金でしょうか。
キッズプレイカフェというだけあって、ドッグカフェならぬ、子供を遊ばせて大人はカフェ休憩などと大人は楽できそうです。 (この時まだカフェはオープンしていませんでしたが、オーナー、マネージャーらしき人がドリンクを試飲していたのでまもなくオープンでしょう。)

1000sqmもあってゆったりした広さ!
●屋外には、

ジャングルジム&滑り台の巨大セット、4種類のブランコ、トランポリン、シーソー、クライミング、ロッキングホース

キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のジム キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のジム キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のブランコ
滑り台もいろんなパターンがあって楽しい! ブランコの手すりも鉄のチェーンにカバーがしてあります。
キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のトランポリン キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のクライミング キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のロッキンホース

●クーラーの効いた屋内には、
メリーゴーランド(唯一有料5000ルピア)を始め、おもちゃのキッチンセット、ライドカー、ボールプール、音のでるおもちゃ、半球クライミングセット など
キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のメリーゴーランド キッズプレイカフェ「ピーカーブー」の室内エリア キッズプレイカフェ「ピーカーブー」の室内エリア
キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のボールプール キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のブロック組み立て キッズプレイカフェ「ピーカーブー」の本とおもちゃ

ここは託児所ではないので、大人も施設内にいないといけないのですが、つきっきりで遊ばないといけないわけでもなく、スタッフが遊び方を教えてくれたり、一緒に遊んでくれていたりもしますので楽ちんでした。(男女スタッフはいますが、男性スタッフの方が多いかな)思いっきりおもちゃやボールプールを散らかしたりしますが、程よいタイミングで整理していってくれます(苦笑)

室内のおもちゃは全てローカル製の安っぽい感じのものはなく、プラスティック玩具セットはlittle tikes(リトル・タイクス www.littletikes.com or www.littletikes.co.jp)というアメリカのメーカーのものをたくさん取り入れているようで、外国メーカーのちょっといい感じの物を揃っていて、買うのには、ちょっとためらう金額なのよね、というものばかりでいい感じ。
また、リトル・タイクスのプラスティック玩具のプラスティックは丈夫と定評があるようです。

さてさて、わが子は、、
屋外遊戯もビックで興奮。滑り台も何パターンかあるし♪でもやっぱり屋内のクーラーの効いたエリアが気持ちいいので、どの子もすぐに屋内で遊んでおりました(笑)
屋内で動き回ってても汗をかかないのがすばらしい。
足でこぐ車のおもちゃ、ボールシュート、カフェのキッチンセットなんかがお気に入りのようでした。
キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のライドカー キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のバスケットゴール キッズプレイカフェ「ピーカーブー」のキッチンセット
観光客の方だと、サヌールエリアにご滞在で、(わざわざ他エリアから訪れるほどでもないので)
お父さんはサーフィンかのツアーやお母さんはエステ、どちらかが子守をしなくちゃいけないって時や、2-3時間時間ができたって時のご利用にぴったりでしょうか。

ちなみに、
「ピーカーブー(ピーカブーとも)」とは、
子供をあやす時に言う言葉で、日本語では「いないないばあ」などの意味にあたるそう。

■Peek a boo / ピーカーブー
Jl.By Pass Ngurah Rai no.17, Sanur  0361-282638
営業時間 9:00-18:00 毎日
www.peekaboofun.com

第71話 2012/2/26

 


バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ