バリ島情報満載!バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール


≫バリマニア・トップ

バリ島現地情報コラム・バリマニア  バリ土産に音楽CDのススメ

音楽好きの方、バリでCDショップを一度覗いてみてください。
それほどきれいとはいえないお店でもおっ!という代物が見つかるかもしれません。
当然バリだともちろんCDも安いです。
私のよく購入するお店は、ウブドのジャランラヤウブドに面したところにある
ウブドミュージックというお店。(市場から向かってアーリーズワルンを越えてすぐのところ)ここはウブドの中では随一の品揃えです。
店の前はポストカードや本が並び、さらに奥へ進むと音楽DVDやCDコーナーに。
バリ、ジャワ音楽は別コーナーに、海外アーティストはアルファベット順に陳列されています。

日本人アーティスト
なぜか日本のアーティストも
宇多田ヒカルと浜崎あゆみだけは売られている。
日本の代表的アーティストといえばこの二人なのでしょうか。(笑)
是非B'Zやサザンも置いてくれてもいいのになぁと思います。
ちなみに、宇多田ヒカルの場合全アルバム揃っているのがファンの私としてはうれしい。
宇多田ヒカルのCDアルバム「シングルコレクション」は8万ルピア(約1000円)と日本で買うよりかなりお得です。
でもパッケージを見てみるとPT. EMI.INDONESIAとなっているので、EMIのインドネシア法人製作のもので日本からの輸入ではないようです。だから安いのか。。 浜崎あゆみも4、5種類は置いてあります。
2人のCDを探すときは、宇多田は「U」、浜崎は「A」のコーナーを見てみるとよいでしょう。
(宇多田はアルバムの表紙にUTADA HIKARUと表記しているので「U」のコーナー)
又洋楽も程よく新作が入ってきているので、チェックしてみてください。特に新作はレジ横に置いてあるので、そこから探し出せます。

※陳列されている所を写真でパチリ。

話はそれるが、宇多田の「First Love」は、マタハリデパートでBGMで流れていたりFMでもかなりよく流れています。
友人の持っているLOVE SONGを集めた外国アーティストのオムニバスアルバムにも名を連ねている程、バリ人にとっては知る人ぞ知るアーティストです。他、スピッツはバリ人になじみやすいメロディなのか、ロビンソンを口ずさめるバリ人は私の周りでは多いですよ。

もし
カセットを買うならさらに安い!
宇多田ヒカルの「DEEP REVER」というアルバムが3万5000ルピア(約440円)で売られている。カセットなら、もしまとめ買いしても、また失敗しても(しょうもない曲だっととしても)許せる金額かも。他洋楽のカセットも2万3000ルピア程です。


癒しのガムラン音楽CD
お好みのアーティストのCDは自分へのお土産にもいいが、せっかくバリに来たのだから是非バリならではの
ガムラン音楽CDを購入してはいかがでしょうか。忙しい日本での毎日に聞けば、ふと癒される事間違いなしです。
個人的なアドバイスとしては下記がお勧めです。
この2枚は、カフェやエステ、ホテルロビーで必ず耳にした事ある!という心地よいBGMです。
左 
「The Best Balinese Traditional Bamboo&Flute Music RINDIK  Sanur」(バリミュージック)
右 
「SUNDANESE INSTRUMENTALIA   SABILUNGAN」(ジャワミュージック)
The Best Balinese Traditional Bamboo&Flute Music RINDIK  Sanur SUNDANESE INSTRUMENTALIA   SABILUNGAN
こちらも料金は6万ルピア程だ。ちなみにカセットなら1万5000ルピア!
また、ガムランCDはたくさん種類があるので迷ったなら、
ウブドでダンス鑑賞をしたダンスグループのCDを購入してはいかがでしょうか。
殆どの有名グループがCDも出しているので、日本で聞けばバリ島旅行の思い出がよみがえることうけあいです。

さらにどっぷりバリにはまっているあなた。
バリの歌手のカセットを買われてはいかがでしょうか。(失敗しないためにも是非カセットで)歌詞はもちろんバリ語。
バリ語の勉強になります。メロディはというと、日本の昔なつかし演歌調。けだるいメロディが多いですが、最近はバンド色強いテンポのよいのも人気で、LOLOT(ロロット)というグループが私のお気に入りです。
バリTVでは、今人気のBEST10のビデオクリップがよく流れています。某旅行会社のガイドが制服のままでビデオクリップにバンドとして登場していたります。観光ガイド兼歌手は以外といるようです。たいていのバリ人歌手は歌だけではなくもう1つ仕事をもっているのでどちらが本業なのかわからないのが特徴的です。

第9話 2004/8/28

 



バリ島現地情報コラム「バリマニア」についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ