バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー&トラベル

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール
 
2005年11月より「スタッフ デジカメ バリ日記」に。
たわいもない話題を写真入りでご紹介いたしまーす!
(不定期更新でスイマセン。。)

アイルバリのレストラン、スパ、3ベットルームヴィラが完成したということで、やっと本日グランドオープンです。オープニングに招待されいってまいりました。3ベットルームヴィラはとにかくゆったりした空間。各タイプのヴィラに、ハネムーンセット、アフタヌーンティー、キャンドルディナー、お子様向けおもちゃ、ベビーコートなど見本も飾られとてもわかりやすく勉強になりました。レストラン&スパの前には涼しげな段差のある池がランドスケープされこの界隈のヴィラにしては贅沢な空間です。スパメニューにある金箔のゴールドフェイシャルトリートメントというのがとても気になりました。オープニングが終わってから雨が降るとは、さすがバリです。(14/12/06)


テープカット、子供によるウェルカムダンス&ガムラン演奏も。

●9月末にオープンした「ブルガリホテル&リゾーツバリ」へ視察に行って来ました。ロビーから、ウルワトゥの高台にあり海と空との境のない壮大なパノラマにまずは感動。お部屋はこれでもかというくらいブルガリのロゴ入りアメニティがいっぱい。ハンガー一つにしてもロゴ入りで、細かいところにまで、ブルガリブランドが前面にでている?こだわりが感じられました。詳しくはバリマニアにコラムしみてますので、もう少々お待ちを。(18/11/06)

●週末クタのダイナスティに泊まりにいきました。目的は無性にホテル内のゴールデンロータスで日曜日の飲茶ビュッフェが食べたくなったから。が、つい朝食ビュッフェをたらふく食べてしまって断念。何が目的だったのかかなり悔やまれますが、お部屋でNHK番組を見れてすごく満足感に浸ってます。やってたのは、有明海のムツゴロウの生態とか(笑)久しぶりに見た日本のテレビ、ユンソナがとても日本語が上手になってるなーと思いました。(05/11/06)


ビーチ沿いを歩いてセントロへ行く途中、ばっちり夕陽も見れました。まるで線香花火の最後のしずくが落ちるようでした

●10日、ウブドのワカリゾート「ワカナムヤ」に新しくデラックスラナイという部屋タイプが完成したというので、オープニングに招待され行ってきました。デラックスラナイは4部屋で、各2部屋がコネクティングでき、4部屋で共有のプライベートプールがありました。2家族にぴったりそうです。カップルでもオフシーズンなんかだと貸しきり状態で利用できるかもしれません。料金もリーズナブルですのでお勧め!と思いました。(11/10/06)


インテリアはワカのイメージをおさえつつ女性好みするかわいらしい感じでした。

●昨日空港内に用あって入ったのですが、出発ロビー入り口のX線チェックの隣に何台か「AEROTEX」なる機械を発見!なんだろうと見てみるとスーツケースやサーフボードなどの荷物をラップでぐるぐる巻きにする機械でした。鍵のないバックやボードの傷防止によさそうです。荷物を台の上に載せ、下を回転させてスタッフの手作業でラップを巻いていきます。料金は荷物にもよって異なり、小さな荷物で、写真のサーフボードでp100000だそうです。(25/09/06)


荷物をラップで包むだけの機械なのに、なんとなく大げさな機械のような気もしますが、中身も見えるのでわかりやすく便利ですね。

●9月1日ヌガラでパレードがあり、イベント会社をしている知人にパレードの日本語MCをしてくれと頼まれ、断れず引き受けてしまいました。インドネシアの各地域から伝統舞踊が披露され、インド、日本からも参加があり広島からは大蛇の舞(やまたのおろち)がパレードしていました。各地域独自の舞踊があるのは日本も一緒。それぞれが伝統を大切に引き継ぐ心に感動し、改めて日本の各都市の伝統舞踊はどんなのだろうと興味もわきました(03/09/06)


10代の子達が上手に踊る姿に感動。個人的には指先も使うバリ舞踊が一番魅力的。

●昨日タマンサリロイヤルスパのグランドオープンの招待に行ってきました。お祝いにミスユニバースとミスインドネシアのお二人もご登場。やっぱりスタイル抜群&綺麗オーラが漂っていました。この日朝6時に家を出て片道車で3時間ヌガラの知人の結婚式へ行ってからスパへ到着。遅れて到着してしまったのですが、サロンの曲がり角をまがると花束を持った人たちや皆が一同こっちに向いて待機していました。何事かとびっくりしましたが、しばらくして納得。ポリス誘導のベンツに乗ったミスご一行が到着する寸前だったのでした。失礼!(28/08/06)


アルナブアナもお祝い看板を贈呈。左がミスユニバース、右がミスインドネシア。

●今日の夜、イスタナクタガレリアで、ジュンブラナ県のウンダンガン(招待)があり行ってきたのですが、ジュンブラナ県はすごい!住民の医療費、教育費が無料だなんて!裕福な県に感動です。またヌガラジェゴクの3大グループのうちの1つYudistiraの演奏も楽しめました。8月15日がヌガラ誕生111周年だそうで、色々なイベントが予定されているようです。そういえば今から約1<ヶ月水牛レースの時期でもあります。(04/08/06)


ジェゴク演奏を聞きながら、ビュッフェ大盛りで大満足。

●昨日は夜遊びデイ。夕方、さくらももこさんのエッセイで知られるベノアの「焼きそばうえだ」に食事行き、そこでスイス人のローランさん(詳しくは本を読もう)と色んな話を楽しみ、時間があるということでヌサドゥアの占い師ラノさん&ノゾミさん夫妻宅に21:00頃おしかけ(普通は迷惑なはず。。)、23:00からレギャンのクラブのライブをハシゴと充実した長い1日でしたが、ローランさんやラノさん夫妻は本当に素直にいい人たちだ、という印象に残った1日でした。(19/7/2006)


ベノアのメイン通りに面したこの小さなちびまるこちゃんの看板が目印。とってもいい人・ローランさん。後日バリマニアにて報告します!

●弊社ガイド・マレンの赤ちゃんが生後3ヶ月になるということで、カランガッセムの田舎で生後3ヶ月目の儀式をしたようです。3ヶ月になって初めて赤ちゃんは地面に足をつけることができます。(歩けないケド)もちろん儀式に欠かせないバビグリン(豚の丸焼き)もグリグリまわしておりました。今月前半はウパチャラカウィン(結婚式)、ポトンギギ(成人の儀式で歯を削る)のシーズンでバリ人結構忙しそうです。(3/7/2006


生後3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月と
子供の儀式が続きます。

1年以上ぶりに私用で京都の実家へ一時帰国しておりました。帰国となると日本へのお土産、バリへのお土産とダブルでお土産がいりますので何を買うべきか頭を悩まします。今回とりあえずアシタバ製品と近くのクンバサリ市場の隣のショッピングセンターで間に合わせました。なかなか好評でしたので写真をパチリ。バリへのお土産はユニクロで大量買い(笑)そう!関空内にもユニクロできていたのにはびっくりしました!(9/6/2006


可愛いカメの置物とシックなドラゴンの置物。日本で買ったらきっと高いはずなので値段のごまかしがききます(笑)その逆、日本からの土産はそんなに高いとは思ってもらえません(怒)

●今日お昼にスミニャックの「スタジオ5」の1階、カフェキュアで人気ドリンク・セラピージュースを試してみました。セラピージュースは20種類ほどあってどれも身体に染みわたるようなヘルシーなネーミングです。朝ご飯を食べていなかったので「ブレックファーストジュース」というのを飲んだのですがストロベリー、ヨーグルト風味でとても美味しかったです。身体に良かったのか数時間後にはお通じもよくなりました。皆さんお気をつけてお試しを。(24/5/2006


夜クラブ通り化とするこのあたりも昼間は歩きやすいです。

●週末約1ヶ月に渡る大きなオダランの最終日ということで、レジェキ(運)を授かるようお祈りにベサキ寺院へ行ってきました。夕方頃到着したので、観光客はまばらでお祈りするバリ人だらけでした。ベサキを出る頃は日が落ちていて、道中ライスフィールドの写真撮影スポット・ブッキジャンブルが夜はとても素敵な夜景スポットになるんだという発見がありました。でも夜中に何も無いブッキジャンブルへドライブする人はあまりいなさそうですが。。(24/4/2006


寺院中央の階段からの行列。頂上にある寺院から周りを見下ろすとはなんとなく神秘的な感じがします。

●今月はガルンガン前なので今の時期ちょっとした結婚式シーズンとなっています。先日私も知人のウパチャラへ行ってまいりましたが、クタのマデワルン周辺の土地を所有するぼっちゃん家へ嫁ぐということで儀式の回数も多く、セレプション招待1500人と盛大でした。バリで小さな家が買えそうな位の費用を費やしていたのでちょっぴりうらやましくなりました。(24/4/2006


やっぱり金持ちは衣装も一段と豪華!でした。お幸せに!

●先日新しくできたタマンサリスパのアクアメディックプールを体験してみました。ここのジェットの水圧は、かなり強めでバリでこの水圧の施設ができたのは貴重です。足の裏、ウエスト、足の甲、肩と水圧マッサージ三昧ができ、その後のオイルマッサージもより心地よく堪能できました。高級感漂う中でのスパ、今ならアクアメディックプールが無料体験できますので、是非今のうちに体験してみて下さい。思ったより楽しめます!(15/4/2006


閑静な高級住宅の建ち並ぶエリアにありました。
プールは夜より昼の方が雰囲気はよさそうです。

●ニュピの前日29日の夜はオゴオゴ(はりぼて)の大行進です。この日までに各バンジャールの造ったオゴオゴが4つ角の道路へ集まり、またデンパサールではププタン通りが大規模で、色々なオゴオゴを見ることが出来ます。十字路になるとオゴオゴを何周かまわすのですが、これが結構危なく遠心力で転げる若者続出で、近くで見てるほうもはらはらです。最近は結構オゴオゴもこっていて、ネオンをつけたり、片足を上げ、不安定な体勢で絡み合う鬼など作品技術もアップしていて毎年楽しみです。(31/3/2006)


どれも夢にでてきそうなおどろおどろしいオゴオゴです。

●本日、ウブドのワカデウムでランチにミーゴレンを注文してみました。盛り付け皿が平皿ではなく、木製のフルーツ置き?のようなお皿で盛り付けられていてかわいかったです。海老、チキンなど具だくさんで、油っぽくなくとても美味しかったです。ロケーションもよく、田園風景が広がり、また高台ならではの遠くのウブン(北デンパサール)まで見渡せ、ここでは離れがたいゆるい時間が流れておりました。(8/3/2006)


程よいボリュームなので、同時に他メニューも楽しめるかと思います。飾り添えのクルップも美味しい!

●本日久しぶりにウブドのアユン川でラフティングを楽しんできました。やっぱり川の水は気持ちがいいものです。お決まりのすれ違うボートと水の掛け合いをしたり、滝に打たれたり、何度体験しても楽しめました。スタートポイント、フィニッシングポイントへの移動の上り下りで足ガクガクなり(これがなければもっと楽しい)、ラフティング中はボートこぎで腕が疲れ、全身疲労。 自宅に戻るなりぐっすり昼寝できます(笑)(4/3/2006)

●先日ウブド郊外の隠れ家ヴィラ「ウブドハンギングガーデン」へ行って来ました。ここではバリで唯一の小型ケーブルカーが導入されています。ゆっくりと移動する様はエスカレーターのような、エレベターのような感覚で心躍りました。エレベーターガールならぬケーブルカーボーイが常駐しております。また、ここのヴィラのバスタブはガラス窓を隔てて屋外屋内と2つ並んであるという贅沢なつくりです。1人ずつそれぞれのバスタブでガラス越しに微笑み合うのもよいでしょう(笑)(12/2/2006)


ケーブルカーは2段階に分かれていて、川下へは乗継ぎをすることとなります。

●今朝、町内一帯でマラリア予防の消毒まきの巡回がありました。前日「明日5時に巡回あります」「朝?夕方?」「もちろん朝」とバンジャールの人と言葉を交わしましたが、朝5時って、まだあたりは暗く寝てる時間で、朝早すぎです。案の定、雨が降っていたこともあって巡回してきたのが6時半過ぎ。早起きして待ってたのにつらかったです。。他、家の前のドブ掃除も月1回あっていつも朝の6時開始。バリのバンジャール活動は朝早い!(26/1/2006)


家の中はしばらくスモークで真っ白霧中状態です。

●クタのセントロに行くと必ず買って帰るBreadTalkのパン。ジャカルタでも大人気のベーカリーショップがバリ島にも進出したとあって、ここバリでも連日行列ができております。お店周辺には美味しいパンの匂いが立ち込めていて買わずにはいられません!是非みなさんもテイクアウトしてお泊りのヴィラでいかがですか。バリのパン屋もどんどんレベルが上がってきてうれしい限りです。(01/01/06)


この箱のこのマークが目印。
色々な種類の美味しそうなパンが揃っています。

●昨夜クタトゥバンのマジョリーレストランのパーティーに行ってきました。ビュッフェスタイルのディナーだったので、あれもこれもとお皿にてんこもりしてしまいました。それにしてもレストラン、雰囲気いいです〜。飾ってある壁一面の大きなバリ絵画にも見とれてしまい、こんなの家に飾りたいなーと思いました。もちろん大きすぎるのでもっとコンパクトサイズでほしい。。(14/12/05)


レストランの暗さ加減がなんともムーディーです。

●昨日8日、ウブドのワカデウマに新しいスパ施設が完成したというので、お披露目会に行ってまいりました。以前スパは瞑想ルームの1階にありましたが、今回ホテルプール横に出来ておりました。断然こちらのロケーションの方が抜群です。ツインが2部屋、スチーム、ジャグジーと真新しく、ワカらしく、緑の自然が目に入るよう、大きなガラス張りになっていました。ある一方のスパルームはガラスをはめず、開放的なバスタイムも楽しめるようになっていました。(09/12/05)


部屋に入った瞬間は、バスタブの向こうにガラスがあると思ってしまいました。なんて開放的!ヒーリングムード満点です。

●週末カランガッセムの知人の家に行ってきましたが、丘の上にあるということで、公道から雑木林に入り、道を探しながらハイキングのように汗だくになりながら辿り着きました。道中アラックを作っている家を発見したのでそのショットを。つくりたては美味かろうと買って帰りました。ビンタンビール大瓶で1本6000RPと街中で買うよりは安かったものの、味は。。。でした。当たり外れがあるようです。(15/11/05)


アルコール度の高いバリのお酒アラックは、椰子の樹液から作る蒸留酒。独特のにおいかたちこめていました。

●今回は、弊社ガイドのサリアより、彼の田舎・カランガッセムでのクニンガン(10月15日)の様子が届きました。デンパサールなどではクニンガンは結構シンプルなのですが、こちらではたいそうなお供えを準備していたようです。


1.5メートルものお供え物を女性の頭に乗せて行進中!それぞれの家庭によってデコレーションも違います。

 

StaffオシゴトDiary(2006年12月〜)
スタッフデジカメバリ日記(2005年11月〜2006年11月)←このページ
過去のStaff Private Hot News(2004年12月〜2005年10月)

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ