バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー&トラベル

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール
 

バリ島伝統工芸村を訪ねて

ビーチリゾートエリア〜ウブドエリア間の移動の道中は、様々な伝統工芸品の産地として有名。
作品鑑賞&ショッピングを兼ねてのぞいてみては。
気の遠くなるような細やかな作品からバリ人気質、センスが読み取れることでしょう。

ビーチエリアからウブドへ向かう場合
⇒トパティ(バティック)
⇒アシタバ工房(アタ製品)
⇒チュルク(金銀細工)
⇒バトゥアン(絵画)
⇒マス(木彫り) or ⇒バリハンディ(アタ製品)

弊社にて、ビーチエリア&ウブ ドエリアホテルご予約のお客様には、追加料金なくご案内させて頂きますので、「質のいいバティックを見 てみたい」「バリ絵画に興味がある」「かわいいシルバーアクセサリーがほしい」等、移動道中ご希望がご ざいましたら、遠慮なくガイドにお申し付けください。製作風景も見学することが出来ます。


バティックの村・ トパティ

トパティ界隈のバティック店の中では恐らく一番良心的な価格の「ビダ ダリ・バティック」。
店内は広く、たくさんのバティック、バティック製品(洋服、小物、テーブルクロスなど )が揃っています。20-30$程のものが多く、値段交渉して、値札から大体10%以上値引きができるそうです 。

お店の入り口にて、インドネシ・ジャワ更紗の製作過程も見学できます。 下絵を書く人、蝋つけする人など手馴れた手つき芸術的なモチーフを描き上げていきます。

アルナブアナスタッフが見つけたお勧めはこれ!

サロンだけでなく、バティックを使った小物製品や洋服もあり、バティッ ク柄の子供服はかわいらしいものばかり。女性のゆるい感じのリゾートワンピースもお勧めです。男性には 、南国風柄のバティックシャツなら帰国後も使えそうです。

 

品質に優れ、豊富 なアタ製品・トパティ

レギャン、スミニャック等にもお店がある「アシタバ」。こ こ「アシタバ工房」では、製作過程を見学することができます。また、アタの良い製品の 見分け方も教わりましょう。(日本語でのご案内)
見学が済んだら、お店の方を覗いて見てください。さすが工房、街中のアシタバ店と値段は統一されていい て、より豊富な品揃え。ついついまとめ買いをしてしまいそうです。値段も値札がついていて定価ですので 安心です。
個人的にもアタ製品を買うなら「アシタバ」と料金と品質に絶対の信頼を寄せております。日本へ帰国の際 、友人にアタバック買ってきてといわれれば、こちらへ直行しています!つくりがホント丁寧!商品も新し い!デザインもGOOD!です。


これが製品に使われているアタのつる
アシタバ工房のバックをいぶすとこ
ろ
製品を編み上げたら
日向干しにし、その後燻します。
アシタバ工房の店内
いろんな種類の製品が並んでおります。
バックのデザインも最新&お洒落。

アルナブアナスタッフのお買 い上げグッズはこれ!

アシタバのバック(うち布つ
き)
最近は布つきが当たり前になってきました。
アシタバのバック
(黒)
黒いアッタも大人な雰囲気で素敵です。
アシタバのバック(布)
底がアッタでイカットバックは母親への普段使いのお土産に

手のひらサイズの小物入れは、化粧ポーチ代わりやマニキュア入れにいかがでしょうか。
 

金銀細工の村・チュルク

リンディアはオーナーがバリ歌謡歌手クトゥ・アスマラ氏のお店。店内も近年(2011年頃だったか)改装済みで、ディスプレイも綺麗。
莫大な商品から、これはバリ人好みだな、ごてごてしたのは欧米人好みだな、とかシンプルなのは日本人好みだなとか、結構買っちゃうかしらといういい感じのデザインのものも揃っていました。リンディアは日本語ができる販売スタッフがいるので値段交渉もスムーズです。
もちろん、そのままの料金だと高いから、30%〜いっぱい買えば40%割引で!と値段交渉してみてください! (下記値札は2013年8月撮影時のもの)


アルナブアナスタッフが見つけたこんな のほしい!


★ピアス売り場:左上から) 値札39万ルピア→30%割引で27.3万ルピア
値札45万ルピア→30%割引で31.5万ルピア
値札46.2万ルピア→30%割引で32.3万ルピア
左下から) 値札60万ルピア→30%割引で42万ルピア
値札42万ルピア→30%割引で29.4万ルピア

★ピアス売り場:左上から) 値札48.6万ルピア→30%割引で34万ルピア
値札78万ルピア→30%割引で54.6万ルピア
値札48.6万ルピア→30%割引で34万ルピア
左下から) 値札36万ルピア→30%割引で25.2万ルピア
値札57万ルピア→30%割引で39.9万ルピア

★ペンダント売り場:左から) 
値札75万ルピア→30%割引で52.5万ルピア
値札108万ルピア→30%割引で75.6万ルピア
値札112.2万ルピア→30%割引で78.5万ルピア
値札60万ルピア→30%割引で42万ルピア
値札75万ルピア→30%割引で52.5万ルピア

★ガムランボール売り場:
ガムランボールのピアス 値札54万ルピア→30%割引で37.8万ルピア
ガムランボールストラップ 左から) 
値札39万ルピア→30%割引で27.3万ルピア
札37万ルピア→30%割引で25.9万ルピア
値札24万ルピア→30%割引で16.8万ルピア

 

絵画の村・バトゥアン

色々なスタイルの絵画が揃う 「ペトルッ」。建物内は美術館の(高級な感じではありませんが)迷路のようにスタイル 別に展示されています。
鳥&花を描いたプンゴセカンスタイル、バロンなど墨で描かれたバトゥアンスタイル、村 の儀式をカラフルな色彩で描いたヤングアーティストスタイルなどバリらしい精細画に、最近ではモダンア ートな抽象画も多く見かけるようになりました。これらはヨーロピアンが好むらしく、日本人には、花鳥風 月のプンゴセカンスタイルが人気だそうです。確かに、鳥と花、木々の絵は日本のお部屋にもしっくりなじ みます。


入り口では細かい絵画を黙々と描くアーティストのデモストレーションが 。陰影のつけ方など勉強になります。


モダンな抽象画はヨーロピアンに人気。誰でもかけるものではないようで す!?

バリ舞踊、儀式を描いたトラディショナルスタイルは最もバリらしい。

日本の花鳥風月な画風は日本人にもなじみやすい。
キャンパス地の品質、絵画の精細度によっても料金が違 ってきます。ほとんどが額つきの料金となりますが、大きい絵でも絵画をまるめ、フレームを分解して梱包 してもらうのでお持ち帰り簡単です。でも大きい絵画は数万円ほどしますので、こぶりなA4サイズの絵画が 売れ筋だそうです。

アルナブアナスタッフの気に入った絵画はこれ!
    
個人的に濃淡のきいた木に鳥が佇んでいるのが好み。お部屋も明るくなり ます。
墨で書かれたバトゥアンスタイルは、バリの儀式やバロンなどおどろおどろしい感じがし て少し怖いです。

絵画スタイルの豆知識

 

木彫りの村・マス

2005年にオープンした新しいキレイな建物の「ガジャバリ 」。ショップというよりギャラリーという言葉がぴったりです。パッとお店を見渡すと本物志向のお店と一 目瞭然です。安っぽいものが置いてありません。
芸術的で繊細な木彫りから、お部屋のインテリアのアクセントにもなる壁掛けなどお洒落にディス プレイされています。
昔ながらの「インドネシアのシンボル鳥・ガルーダ」や「農夫」等のバリらしいものはもちろん、 宗教的なものより、近年人気のモダンな置物も豊富なのが見ていて心和みます。

アルナブアナスタッフが見つけたこんな のほしい!


購入の際は、まず商品を包み、シュレッダー紙をふんだんに詰めて、さらに梱包し ますので、芸術的で繊細な木彫りを日本へ持って帰るのが心配という方、ご心配無用です。

木彫の材質選び

 

ウブド南の村・ロットンドゥ

アシタバは通いつくした、他のアッタのお店は、、というとバリハンディをお勧め。
芸術村をマスを通過せずロットンドゥまわりで、道路沿いにあり立ち寄りやすい。
カランガッセムに本店&工房があり、ウブドは支店のような感じ?作りも丁寧。料金は値札から10%割引、だそうで、割引後の値段はアシタバと同料金位だった。 バックの中布がバティック柄が定番のところ、ポップな柄、花柄、ドットなど若い女子受けするようなかわいい布を採用しているのも特徴的でした!


アルナブアナスタッフによる これ、バリハンディでだけで見つけた!

 

バリ島伝統工芸のご質問、お問合せへ

バリ島ツアーはアルナブアナ