バリ島現地旅行会社アルナブアナツアー&トラベル

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

TOP HOTEL&VILLA OPTIONAL PACKAGE ESTHETIC BOOKING PROFILE CONTACT
 

なるほど・ザ・ぐるめがいど UBUD編

弊社のお客様のほぼ8割以上の方が、ウブドも滞在されています。
それで、
「ウブドでお勧めのレストランはありますか?」というご質問をよく頂きますので、ウブド好きの私が行ったことあるカフェ、レストランのみをご紹介することに致しました。どうでもいいローカルワルンからリッチレストランまで様々ですが、ご紹介しきれていない素敵なカフェ、有名どころもまだまだたくさんありますので、今後も順次追加していきたいと思います。「なるほど・ザ・ぐるめがいど」というベタなネーミングのページですが、ご参考になれば幸いです。

※「安い、リーズナブル!」「美味しい!」という感想は、個人差があり、「たまたま利用した時そうだった」という場合もあります。
あくまでも
私の個人的主観から述べておりますので、ご了承くださいませ。

ラヤウブド通り〜チャンプアン〜クデワタンまで

イゲランチャ * IGELANCA

●●安くて美味しいこじゃれたワルン

ガネーシャショップ近く
2003年8月OPENの新しめのお店。ワルン料金だが内装はかわいくセッティングしてある。
ホットティー付きのセットメニューが充実していて、大体が美味しい。が、一皿の量が少ないのでもっとボリュームがほしいところだ。一度、「どう考えても塩を入れるのを忘れている!」というナシゴレンが出てきたことがあったが、ご愛嬌。食後は、自家製ケーキも食べるべし。

ノマド * NOMAD

●●●●時間があれば行ってみよう

ウブド市場より東へゴータマ通りの角
道行く人並みを眺めならくつろげるレストラン。通りに面した座敷席が気持ちいいココに座ろう。
日本人の奥様がコーディネートしているので衛生面でも安心で、味も外れは少ない。白い大皿を使い、盛り付けもきれい。ウエィトレスもかわいい子が多く、教育もしっかりなされている。特に車海老のトマトソース味の「
ブラウンスパゲティ」は、くせになるおいしさだったが、もっとパスタの量が多ければ尚GOOD。昔、坂本龍一も訪れたことがあるとかってガイドブックで読んだ事がある。

カフェロータス * CAFE LOTUS

●蓮の池を眺めながらの食事に

ウブド王宮から西へ歩いてすぐ
ロータスグループは色々なエリアにレストランを出しているが、ここはツアーのランチによく使われていて、ちょっとしたグループ客もいることがあり、時々スタッフがばたばたしているのが気になる。ので、入り口近くのテーブルではなく、奥に進んだバレ席をキープしよう。
ナシチャンプルなど盛り付けもきれいで、美味しかった。観光客向きだ。

ムンブルス * MUNBULES

歩き疲れたら一息ついて

TINOというスーパーの向かい側
アイスクリーム中心のお店。その場で買って歩き食べする客の方が多いか。がらがらだが、実は奥に進むと景色の良いテーブル席もあり。

漁師 * RYOSHI

●●●おなじみ日本食の漁師

プリルキサン美術館近く
バリに何店舗もあるウブド店。食材も一括仕入れしていて新鮮。刺身、うどん、天ぷら等もちろん美味しく、バリではなかなかない「うな重」もチャレンジしてみたら、意外にもそれなりに美味しかった。少しでいいからタレを分けれてくれ〜。

ムーニーズワルン * MURNIS WARUNG

●●●チャンプアン橋近くの川の景色も望めるカフェ

チャンプアン橋手前
メガワティ前大統領も訪れたことがあるとか、由緒正しいレストラン。渓谷に向かって4フロア設けられてる。インドネシア料理中心で、
チキンカレーが特に美味しかった印象が。夜は真っ暗なので、昼間の方が景色を堪能できてお勧め。また、「ムーニーズフィッシュ」は、バリ料理コンテストで優勝したこともあるとか。

インドゥス * INDUS

●●遠く渓谷を見渡せるウブドならではのカフェ

チャンプアンエリア、坂を上がったピタマハ手前右側
恐らく近くのピタマハの宿泊者の利用が多いであろうカフェ。席は2階に分かれており、人気があるのは
視界が広がるテラス席らしいが、実際座ってみると暑い。。木のテーブルも外ざらしなのでニスがはげてきている。インドネシア料理だがオーガニック系メニュー。仕上げのケーキも食したが程よい甘さで美味しかった。人気があるようで意外と空いている。ウブドで人気のレストラン「カサルナ」系列なので失敗はないだろう。

モザイク * MOZAIC

●●●●予約必須の本格フレンチ

コーリウブドリゾート北隣
知人の誕生日におごりで奮発してみた。予約必須で希望の時間が取れなかった位、料金が高いのに人気レストラン。何を注文したらよいか分からないので、やはり定番の「シェフお勧めコース」(1品にホアグラつき)を試してみては。スタッフが、注文時苦手な食材を質問してシェフがアレンジしてくれる。ここの特徴として、必ず二人とも違った料理をサーブしてくれるので、見た目にも2倍うれしい。お互い少しずつ分け合ってみても。コースはゆっくり食べていくので、最後のシャーベット→ケーキの頃にはおなかいっぱいで入らなかった。チョコレートケーキにナイフを入れると、中からとろーりチョコがでてくるあのケーキ、又食べたいなあ。もちろん料理全部凝ったフレンチで、美味しかった。税サだけでも10万ルピア以上したのですごく贅沢した気分。。

ヌーリーズワルン * NURIS WARUNG

●●●●スペアリブをかぶりつき!

ネカ美術館向かい
店の前で焼くスペアリブが人気メニューで、注文してみたらボリュームもあって大満足。在住者に人気のお店だ。でもそれよりも「甘く煮たチキン」(名前ド忘れ)のメニューが癖になる味でお勧め!ナシゴレンも初めて食べた時は感動の美味しさだった。エスジュルック(オレンジジュース)もココは美味しい。

ナシ アヤム クデワタン * NASI AYAM KEDEWATAN

●●●●早い、安い、美味いの三拍子揃い

チャハヤデワタ手前
チャハヤデワタ手前には、アヤムチャンプルのローカルワルンが数件ある。この辺りは駐車の車が多いのですぐ分かるはずだ。(でもここのバンジャール、駐車代とるんですよねえ。)おなかが減ったが、お金、時間がないと言う時に利用。どちらかと言えば地元人が多い。量はそれほど多くないので、大食いの人はおかわりしよう。野良犬が店先で食べ残しの骨をもらいに巡回している(笑)

マルディカ * MARDIKA

●●●●早い、安い、美味いの三拍子

チャハヤデワタ手前 ナシアヤムクデワタンより数件隣
こちらもメニューは、アヤムチャンプルのみ。ナシアヤムクデワタンのほうが有名な気がするが、個人的には、こっちのマハルディカの方が、チキンにこくがあって美味しいくて好きだ。定期的にここのアヤムチャンプルが食べたくなる。どちらも同様、ローカル人で賑わっている。

モンキーフォレスト通り

チャンディリ * CANDERI

昔からあるカフェ

ウブド市場から少しなんかした所、集会所向かい辺り
ウブド市場からサッカー場までのモンキーフォレスト通りは、恐らく一番人通りが多い。そんな好立地にあるカフェだから、そこそこお客さんがいたりする。(但しほとんどがヨーロピアン)あえて行こうというカフェではなく、喉が渇いて休みたいという時に利用しては。

ラマック * LAMAK

●●●●ライトアップが素敵なディナータイムに

HISセンターの斜め向かい北へ
有名建築家と彫刻家のコラボレーションのお店と言うだけあって店内はちょっと凝ったおしゃれな作りに。2階フロアもある。ライティングセンスが素敵なので、暗くなってからのディナーの方が人気がある。料理の盛り付けセンスも抜群で写真をとりたくなるだろう。また、女性にうれしいデザートメニューも充実していて、「フロマージュブランク」を食べてみてほしい。

プトラバー * PUTRA BAR

●地元バリ人も多いバー

HISセンター南隣あたり
オープンエアのつくりで生ライブ演奏もしていて、夜、前を通るとうるさい!が、何度か飲みにいったことがあるが、どうも落ち着けない。好きな人は好きらしいが。若者向けだと思う。週末土曜日は結構、場所も行きやすいので地元人やお客さんがいる。

カフェワヤン * CAFE WAYAN

●●●●●和み系カフェでインドネシア料理を食べるなら

ペルティウィリゾートから数件北へ
ウブドで有名なワヤンおばさんの人気カフェで、味はお墨付き。
バレ座敷の自分のお気に入りの席を見つけるまで、どんどん奥に歩いていこう。どこまで続くの?というくらい奥に長い。バリならではのバナナの葉をお皿にひいたインドネシア料理が味わえ、いつも込み合っている。夜はキャンドルライトのみなので、ちと暗め、敷地内の蓮の花が夜どんどん開いていくのも幻想的だ。料理教室も開催している。パンやケーキも評判いいらしいが、ケーキは結構甘めだった。

バリペストカフェ * BALI PESTO CAFE

●●●パスタを食べよう

ペルティウィリゾートから少し南へ
それほど広くない店内だが、通りに面した付近にヨーロピアンが結構食事している。インドネシア料理、地中海料理店らしいが、私はパスタが食べたい時利用。パスタなのでかなりの時間待たされるが、納得の味。美味しい!

モンキーカフェ * MONKEY CAFE

●田舎の家風にのんびりまったり過ごすなら

APAセンター奥
オーナーが日本人奥様と言うだけあって、店内には日本人形などが飾ってあった。2階に上がった座敷席はライスフィールドも見渡せ結構くつろげる。ソフトドリンク、ケーキ、ミークワ(汁そば)を食べたことがあるが、まあ普通だった。通りから奥まったところなので、お客さんも少ない。

ウィシタ通り&ゴータマ通り

デリ キャット * DELI CAT

●●●●気兼ねなく酔いたい夜に

サッカー場奥
夜しか行ったことが無いが、いつ行っても、酔っ払い外国人&バリ人がいるような気がする。なので自分も酔っ払おう。料理は高レベルを期待しないこと。アイルランド人オーナーの好みか、ワイン、チーズの種類が豊富。しかも料金控えめなので、狭いお店にヨーロピアンで賑わっている。人が多いと合い席もありで、隣り合う人たちとのコミュニケーションもお約束に。

バタンワルー * BATAN WARU

●●●●●ウブドで一番好きと言う人多数

デウィシタ通り中ほど北側
インドネシア料理、ベジタリアン料理のほか、サンドウィッチ、パスタもあり利用頻度は高め。イカリング、ペペスイカン、ナシゴレンなど色々食べたが外れはなかった。コーヒーなどのドリンク類も美味しい。またスタッフの接客教育もしっかりしていて気持ちがいい。安心してお勧めできるお店だ。ウブド王宮近くの「テラッツォ」は姉妹店。

トゥトゥマック * TUTUMAK

●●●●●美味しいアイスコーヒーはここで

デウィシタ通りのサッカー場隣
1年程前に今の場所に移動して、さらに雰囲気が良くなった。アイスカプチーノ、アイスカフェモカ等が飲みたい時は迷わずここへいく。
ドリンクとフライトポテトが昼下がりの私の定番オーダー。ポテトも安くてボリュームがあるので一人では無理、連れの人とシェアしよう。サンドウィッチ、パスタ、ナシゴレンなどのメインメニューもかなりいける。又、この界隈ではうらやましいくらい賑わっている!ちなみにディナータイムに中央のテーブルに一人で静かに座っているのはアメリカ人オーナー。一度そのテーブルに座リたいのに!

ビアビア * BIAH BIAH

●●家庭的バリ料理を食べてみるなら

ゴータマ通り中ほど東側
当時、安宿通りだったこの通りに始めてできたおしゃれなワルン。色々なものをチョイスしやすい料金設定に。まずは
ナシチャンプルを試してみよう。ご飯は多いが、おかずの量は結構少なめで、大食いの人には物足りないと思う。料理教室も開催されている。ウッディな店構えが私は気に入っている。

デワ ワルン * DEWA WARUNG

●●ロスメン滞在者に支持されているワルン

ビアビアより更に南下
ちょっと急な角度の作りのワルン。安くて美味しいと評判なので、周囲のロスメン滞在者、バリ人客が結構いる。
美味しいことは美味しいのだが、注文してから待たされすぎるのでいらいらすることも。心を広くしてお店に行こう。

ハノマン通り〜プンゴセカン通りまで

ラダ * LADA

●こじゃれたナシチャンプルワルン

ラヤウブド通りからハノマン通りに入りしばらく歩いた左側
新しく出来たワルン。ここは、ショーケースから好きなおかずを指差しオリジナルナシチャンプルを食べる。おかずはそれほど多くない。小さなお店に結構欧米人で賑わっている。道行く人たちを見ながらのんびり休憩しても。

サナック * SANAK

地元人利用のパダン料理

ASIA LINEの並び数件隣
パダン料理。夜遅くまでやっているので、レストランが閉まって食べる所がない時に、よくブングス(お持ち帰り)していた。ウブドの街中では結構いけるほうだと思う。店内はローカルスタイル。

カフェ・デワタ * CAFE DEWATA  

ロスメン客中心のカフェ

パダンテガル寺院を南下した西側
昔ながらの観光客向け?カフェなので、ちとお客さんは少ない。たまーにヨーロピアン客を見かける程度。以前夜食に、ナシゴレン、ルンピアを食べたことがあるが、可もなく不可もなくという印象。又わざわざ行きたいとも思わない。キャンドル照明なので暗すぎてメニューが読みにくかった。

ワルン キタ * WARUNG KITA

●●●●安くて美味しい中華料理 お勧め度大!

通り中程の西側にあるパダンクルタ寺院近く
通りからみたお店は店先でフライパンで調理しているローカルワルンだが、知る人ぞ知るココ一年程前かに店の奥に進むとライスフィールドが見渡せる座敷席ができ、かなり和める。何を注文してもとにかく安くて美味しい!
きのこのスープ、ナシゴレン、チャプチャイが私の定番メニュー。店名にミーと付いてるだけあって麺類もいける。スープと麺が別々にでてくるパンシットミーもすいた時に利用。トイレがバリスタイルなので、テーブル上のトイレペーパーを持ってトイレに行こう。

スリーブラザーズカフェ * THREE BROTHERS CAFE

ちょっと寂しい!?カフェ

パダンテガルクロッド集会所斜め向かい
歩きつかれてとりあえず入ったことのあるカフェ。ちょっとお客さんがいなくて寂しい。アボガドジュースが美味しかった。チャプチャイを食べたが、まあ普通。お皿が「ザルに紙をひいた上に料理をのせる」バリスタイルだった。隣にTHREE BROTHERSの送迎サービスのお店があり、実はウブドで幅を利かせていたりする。

ベベブンギル * BEBEK BUNGIL

●アヒル料理で有名な老舗レストラン

ハノマン通りを南下し三叉路になる手前辺り
観光客で人気のお店。ココに来たなら
クリスピーダックとココナツクリームパイが有名なので試してみよう。実際食べてみたが、クリスピーダックは結構グロテスクで香ばしくおいしいが、肉が少なく食べ応えがない。手でつかんでしゃぶりつかないと食べられないので、初々しいカップルは注意。クリームパイは甘ーいので暑い最中に食べたら感動が薄かった。。JLモンキーのサッカー場南に2号店もある。

カフェ・テガル * CAFE TEGAL

●●●●●とにかく美味しい料理が食べたいなら

ハノマン通りからモンキー通りへ行く三叉路手前
ウブドで一番よく私が利用している店で、日本からの友人がバリに来たらほぼ必ず連れて行く。日本語メニューもある。メニューのお勧めマークのついたものは本当に美味しいので皆で色々頼んで試してみよう。
カニスープ、テガル風ナシゴレン、カンクンアサップ、イカンゴレン(しょうゆ味の)はお気に入り。かた焼きそば、ビーフステーキはいまいち。ハッピーソーダ(炭酸入りいちごミルクジュース。これがめちゃ甘い!)もある。またこんなに食べてこの会計!というくらい安い。地元バリ人が観光客を連れて来ている姿も良く見かける地元人もお勧め店。但しトイレはバリスタイル。

バランディ * BARANDI

●●欧米人の多いバー

JLハノマンから南下し、プラマシャトルバスセンター行くまでのところにある
比較的まだ新しい、この辺りではまだ少ないモード系のバーレストラン。落ち着いた雰囲気でカクテルを飲むのにいい。2階もある。たまにライブ演奏もしている。欧米人客が多い。カキアンバンガロー周辺に泊まっているなら徒歩圏内。是非行ってみよう。ここから近くJL.ハノマンの場所に、小さなカウンターバーのみの2号店も昨年末頃OPENしている。

カキアンベーカリー * KAKIANG BAKERY

●●●●美味しいパンをテイクアウト!

カキアンバンガロー併設の小さなカフェ。
宿泊者はここで朝食も利用できる。クーラーも効いていて日本人客が多い!?オーナー夫人が日本人なのでとにかく
日本人の舌に合うんです。ケーキもバリ風ではなく、日本で食べるのと同じで美味しく、パンもよくテイクアウトしてます。コーンマヨネーズパンが大好きだったが、最近なくなったのはなぜ?復活を切望します!

ワンダーバー * WANDAR BAR

●ビリヤードを楽しみながら飲む!

プンゴセカン、ピザバグース3軒隣
以前住んでいたレンタルコテージの向かいにできたバーなのでたまに利用していた。オレンジの壁が目印で、インテリアはおしゃれ。店内はギンギンに冷房が効いていて寒いくらい。食事としてはメニューも少なく、高いだけでそれほど美味しくないので、飲み主体で。
店内のビリヤードは使い放題なので、ビリヤードがてら利用している。ウブドでは珍しく深夜2時頃までやっていて、在住外国人客が多い気がする。

影武者 * KAGEMUSHA

家庭的日本食レストラン

プンゴセカン 
カレー、どんぶりなど食べたことがあるが日本の家庭料理風。風邪をひいたらここでうどんを食べることにしていたが、一度きつねうどんを頼んだ時、天カスうどんがでてきて、「これはきつねうどんではない!」とバリ人スタッフにいったが無駄だった。ココではこれがきつねうどんだそうだ。日本人の情報交換の場とガイドブックによく書いてあるが、いつ行ってもほぼ貸切状態だった。が、日本の漫画、単行本があるのは有難い。

カフェ・エグザイルス * CAFE EXILES

●●●●土曜の夜はダンシング♪

プンゴセカン、ココカンホテルのほぼ向かい。
DJロバートハリス氏オーナーのカフェ。平日夜はきっとがらがらだと思うが、
土曜の夜12時ともなると満員御礼!生ライブで楽しそうに踊る欧米人&バリ人につられて、一緒にダンシング。きっとバリで友達ができることうけあいだ。以前若いバリ人女性が頭の上にロングのカクテルグラスを乗せて踊っている姿にすごい!と見とれてしまったことがある。帰りの交通手段は確保してから行こう。

トゥブサヤ通り

ジャズカフェ * JAZZ CAFE

●●●●本格的ジャズ演奏を聞きながらカクテルを

ダラムプリ寺院を南下してすぐ
特に土曜の夜賑わうスポット。火曜-土曜の19:30から生ライブもある。車で来る人が多いので、周辺の駐車確保にちと苦労する。ジャズを聞きながらカクテルを傾けるもよし、踊りだすヨーロピアンもありで大人のバーといった感じ。昔新年のカウントダウンをここで迎えたことがあったが、それはそれは大盛り上がりだった。

アランアラン カフェ * ALON ALON CAFE

●●日本人オーナーの気さくなカフェ&バー

ダラムプリ寺院を南下してすぐ
日本人客が多い、ウッディな作りのカフェ。ロフト風の2階がゆっくりくつろげる。メニューは日本のさてん風で、チキンライスなどあって、バリ人好みのメニューではないようだが、食べるとなんだかほっとする味で私は好きだ。チョコレートパフェもココでは日本風デコレーションで「そう、こんなパフェが久しぶりに食べたかったのよ」と美味しい。オセロや将棋もおいてある。近くのジャズカフェに行く前の腹ごしらえの時に使っている。オーナーは確か、影武者のオーナーと同じ(違ったらスイマセン)で彼を慕って通う長期在住者もいるようだ。

スリウェダリ通り

ワルンタマン * WARUNG TAMAN

●●安くて美味しいチャイニーズ

JL.ラヤウブドから北へテガラランへ抜ける道に曲がって少し歩けばある
在住者の間では美味しいと有名なワルンタマン。シンプルな店内には、座敷席もある。ナシゴレンなど普通に美味しかったが、あるバリ人の友人は、あそこは「味の素」使いすぎで好きじゃない、だって。メニューにもよるのだろうか。でも私は、手軽に食事するのに使っている。

スウェタ通り

イブオカ * IBU OKA

●●●ウブドでバビグリンと言えばもう有名!

ウブド王宮からすぐ
バリ人御用達のイブオカ。お客サンのウブドフリータイム中などにガイドが食事している姿も見かけ、いつも人で込み合っている。メニューはバビグリン、バビグリンスペシャル(肉の量が多い)のみ。売れきれ次第閉店となるので、遅くとも昼過ぎ迄には行こう。個人的には、美味しいけれど、何度も通うと豚肉って鶏肉と違って飽きてしまう。ローカルワルンなので、ロコに混じってラフな格好じゃないと浮いてしまうかも。

アンカサ * ANGKASA

●●●聖水でいれたこだわりコーヒーを飲む

ウブド王宮からすぐ近く
場所も便利。オーナーは日本人。老舗カフェで、在住日本人客も多い。唯一ここでは、
日本語の新聞(読売新聞だったか)が置いてあるので、これを読みたいが為に通ってしまう。3日分くらい置いてあるので1階のテーブル席で、一面記事からテレビ欄迄くまなく読み尽くして数時間が過ぎる。友達と来る時は、2階の席でまったりすごせる。ハンバーガーが美味しくて私の定番オーダーだ。

カフェ・ビンタン * CAFE BINTAN

日本人直伝の日本食カフェ

ワカデウマの手前にある
料理研究家・故大村しげさんが晩年バリで過ごしたバンガローに併設のカフェ。
料理のレシピを伝授したそうで、同じ京都出身だったと言う事もあり味が気になり試してみた。おばんざい、おひたしなどオフクロメニューが揃う。から揚げ、餃子などを食べたが、バリ人コックの作る料理は微妙に何か違う。から揚げはカリカリに揚げすぎでててジューシーさに欠ける。が、日本食にしては料金も控えめで、周りはライスフィールドが見渡せ雰囲気は良く、和み系カフェだ。

当時より料金改定されていたり、閉店してしまっているお店がバリの場合多々ありますのでご注意ください。

ウブドカフェのご質問、お問合せ

バリ島ツアーはアルナブアナ