バリ島ウルワトゥ レストラン情報もバリ島現地旅行会社アルナブアナツアー&トラベル

バリ島ホテル&ヴィラ予約のお客様に
【今なら素敵なバリ土産プレゼント】
お一人様1個

ホーム ホテル&ヴィラ オプショナルツアー スパ&エステ パッケージ 予約について アルナブアナについて メール
 

バリ島ウルワトゥ レストラン「サンカル レストラン(ブルガリホテル内)」

バリ島ウルワトゥ レストラン
バリ島ウルワトゥ サンカル レストラン(ブルガリホテル内)

ブルガリのサンカルレストランは
意外な組み合せのフュージョン料理

今回は超リッチにブルガリホテルのサンカルレストランでランチ。
予約の電話を入れた時にランチコースの料金を聞いたら70ドル以上するようだったので、現地へいってからのアラカルト注文にしました。幅広いアジアンメニューで、メニューは日本語で書いてあるので結構イメージしやすい。神戸牛バーガーなどもありました。迷った挙句、食べたのは下の写真です。

話は戻って、写真右下のような屋外テラスで海を見渡してランチをしたかったけど、やっぱりランチタイムは暑いのでクーラーの効いた屋内がベスト。屋内テーブルは黒いシックな感じが高級感出ています。屋外は夕暮れ時がいいですかね。サンセット時は最高だろうなあと思います。
食事中に外で野生のサルも数匹動き回っておりました。(ウルワトゥのサルはいたずら好きだし、屋内にしておいてよかった。。)
あとブルガリに行ったら即効レストランへいくのではなく、是非一段上がったロビーにも訪れてくださいね。180度のパノラマに圧倒されますよ。ここはかなりの癒されスポットです。(右写真上)



注文した後にサーブされるパン。 友人いわく、東京のブルガリのレストランと同じタイプのパンだそうで。バルサミコもだされたけれど、そのままで食べた方が美味しい。


ビンタンビール6万ルピア
カリビアンカクテル6.5万ルピア
クランベリーピーチ6.5万ルピア

下二つはモクテル(ノンアルコールカクテル)


マグロとホタテのたたき 18.2万ルピア

マグロとホタテにサンバルが添えられていた。これは合うかも。


バリ風寿司 17.2万ルピア

結構なボリューム。手巻き寿司の具がラワールだった。酢飯とバリ料理があうのかは微妙な感じがした。他鶏肉や梅干しの巻き寿司もあった。


スモークサーモンフィレのグリル、ケタキャビア、絹さや、もやし、紫芋、カフィールサイムのソース 33.3万ルピア

今回ケタキャビアってイクラのことって知りました。肉厚のあるサーモンで美味しかったです。紫芋もバリでは珍しい食材ですね。


赤鯛のソテー、チリジャム、カイランの炒め物、そばを添えて 32.5万ルピア

魚のソテーにそばを添えてという組合せも面白い。チリジャムが変わった味。お魚にかかっているソースが優しい味でサーモンのソースよりこっちのほうが美味しかった。

高いだけあって、美味しいのが当たり前というハードルが高く、期待も膨らみましたが、普段食べない食材や味付けであったりして不慣れなのか、絶品!とか感動的な美味しさはなかったけれど、全体的にはまあまあ満足です。
あと、警戒さが足りなかった(笑)。料理と合わせて水もいるかと聞かれたので、はいと答えたら、やっぱりタダではなかった。。まるでワインのようなでっかいEQUIL(エクイル)の水(760ml)でサーブされた。しかも3人だったからって2本チャージされての15万ルピア(税サ別)。税金、サービス料込みで1本90750ルピアの水ってバリではめちゃめちゃ贅沢ではないか。しかも全部飲み干してないし。。しかもカクテルより高いし。。(料理写真の下に書いてある料金+21%プラスです)
結局3人で171万ルピアほどで、21%税金サービス料だけで30万ルピア。30万ルピアあれば街中でそこそこのランチもできるけど、たまにはリッチなランチもいいでしょう。
そう、日本からの友人が、ブルガリのレストランは予約必須=人気で席のリザーブが困難と思っていたみたいだけれど、 これほどの高級レストランだと正直満席で取れないってことはないでしょう。予約必須というのは、 ブルガリは予約なしだとホテル入り口で足止めされ入れないので、このことをさすのかと思われます。皆さんも予約を忘れずに。

(飲食日:2010年4月)

ブルガリでランチ。ドリンクだけってのも寂しいかなと、バーエリアで軽くランチです。
レストランよりバーからの方が景色が綺麗に見えておすすめ。バーの小さなカフェテーブルで海と空とのコントラストをボーっと眺めて、かなり癒されました。
私はアルゴビというカレーを。カリフラワー&ポテトの入ったカレーと、豆の入った(煮込み?)カレーの2種類、ライス、薄いナン、マンゴチャツネ(ジャムみたいなソース)など。アルゴビとは汁気のないカレーらしく、煮込みものって感じ。(アル=じゃがいも、ゴビ=カリフラワー)珍しく、食べ応えがありすぎて完食できず。量が多い!!本格的カレーで、やはり美味しかった。
お友達は生サーモンがたっぷり入ったサンドウィッチ。サーモンもパンも美味しかったそうです。これもひとつが大きく、同じの2つは苦しそうだ。
量を少なめにして、料金を抑えてくれればいいのになあ(笑)
ドリンクは、私注文のストロベリーベースのモクテルは、 ライム、ストロベリー、モヒートミントシロップ、ストロベリーシロップ、ミントリーフ、炭酸水。
ストロベリーに炭酸水はあまり好みではなかったのでシンプルにフレッシュジュースでよかったかな。。

 

写真は逆光で伝わりにくいけど、こんな感じの景色が堪能できました!

着席してからサーブされる、おつまみ3種(甘いおかき、オリーブ、ピーナッツスナック?)などサービスも満点。
お友達も初ブルガリで、レストランやロビーで絵になる写真を撮って、ラグジュアリーな雰囲気に囲まれ、大満足そうでしたのでよかったです。


ストロベリーヴァージンモヒート 6万5000ルピア
キウイジュース 6万ルピア
アルゴビ(Aloo Gobi) 23万ルピア
生サーモンサンドウィッチ 15万3000ルピア
+21%税サ別で ひとり35万ルピアほどのランチでした。

(飲食日:2012年5月)


バリ島レストラン、カフェ、ワルン情報 トップ

サンカル レストラン(ブルガリホテル内)レストラン情報

サンカル レストラン(ブルガリホテル内)
■Jl.Goa Lempeh Banjar Dinas Kangin, Uluwatu Bali  電話 0361-847100
【営業時間】6:30-22:30 【休】 ニュピ 【クレジットカード】可能
注意:メニュー内容、料金等はその当時のものであり、現在変更されている場合もありますのでご了承ください。

サンカル レストラン(ブルガリホテル内)についてのご質問、お問合せへ

バリ島現地旅行会社のアルナブアナ